電動キックボードの免許は必要? 乗車時の注意とルール

ポイント
電動キックボードの運転が2022年4月19日改正道路交通法が成立し、2年以内を目途に16歳以上の運転免許が不要となります。電動キックボードの時速は20キロ以下されているが、現在は法案が成立した段階なので全ての電動キックボードは対応した免許が必要になってきます。

電動キックボードとは

車輪付きの板に取り付けられた電動モーターにより走行するものを言い、軽くてコンパクトなので移動が楽で駐車スペースに困りにくいのが特徴です。
電動とつく通り燃料バッテリーに貯められた電力で走行するのでコンセントがあればどこでも燃料が補充でき電力なので高騰してきているガソリンと違い比較的安く一定の金額で済むので経済的。

電動キックボードの車両区分

電動キックボードは定格出力により必要な運転免許が異なります

定格出力道路交通法道路運送車両法
0.6kw以下原動機付き自転車(50cc以下)原動機付自転車(1種)
0.6kwを超え1kw以下小型自動二輪(51~125cc)原動機付自転車(2種)

自動車免許を取得している方は0.6kw以下までの電動キックボードはのれますが、0.6kwを超えている電動キックボードは二種免許が必要なため注意が必要です。

電動キックボードなど小型電動走行車の規制緩和案

有識者委員会が検討している新たなルール

  • 緩和案
  • 電動キックボード
    • 時速20キロ以下なら小型低速車に分類
    • 車道、路側帯、自転車専用レーンを走行可能
    • 運転免許不要、ヘルメットは任意
  • 移動支援ロボット、自動配送ロボット
    • 時速6キロ以下なら歩道通行者に分類
    • 歩道や路側帯を通行可能
  • 時速15キロ以上の走行車
    • 原動機付き自転車と同じ

現在は原動機付き自転車と同じルールが適用されています。

電動キックボード乗車時のルール(公道)

必要な免許、契約

・0.6kw以下 原動機付き自転車 1種
・0.6kw超える 原動機付き自転車 2種
・自賠責保険自賠責保険

必要な装置

・ブレーキ 2系統の独立したブレーキを前後で制御できること
・前照灯(ヘッドランプ)
・後部反射機(リフレクター)
・警音器(ホーン)
・後写鏡(バックミラー)
・ナンバープレート取付板

※最高時速20キロ未満の車両は下記装置は任意
・番号灯(ナンバープレート照明灯)
・尾灯(テールランプ)
・制御灯(ブレーキランプ)
・方向指示器(ウインカー)
・速度計(スピードメーター)

走行可能な場所

車道を走行し、歩道は通行禁止

乗車時のルール

・乗車用ヘルメットの着用義務(特区に指定され条件を満たした電動キックボードはヘルメット無しでも運転できる
信号のある二段階右折の標識がある道路多通行帯道路(片側3車線以上)の信号交差点では二段階右折

二段階右折の方法
①交差点に入るまでに安全な速度に減速
②右にウィンカーを出しながら道路の左車線を直進
③交差点を渡り終えたら車両の方向をウインカー方向に向けウインカーを消す。
④変えた向きの方角に直進する

現在は電動キックボードが歩道を走っていたり、信号無視、交通ルールに反した運転が多発しています。
飲酒後の終電の足として電動キックボードの飲酒運転は当たり前になっている人もいるようなので絶対に真似しないように注意してください。
交通事故、罰金、免許停止、電動キックボードがレンタルできないなどあとから取り返しの付かないことになってしまいます。

電動キックボードおすすめ

最後に

燃料が電気であることや車検がないため維持費が安く済むので都会などに住んでいて運転免許を持っているけど車にめったに乗らない方には今のコロナ時代3密を避けたり自由に好きな場所に楽に行けることを考えると移動手段としてはかなり良いですね。
海外ではすでにメインの移動手段になっているので日本でも法整備をしっかりされて、電動キックボード普及するのが楽しみです。

-
-